千手観音【怖い話】

132122334664713227532 DSCF0568

ある学校の林間学校での話だ。夏の夕暮れ。自由時間だった。仲良しグループの女生徒たちは部屋に集まって怪談話をすることになった。

ひとしきり怖い話で盛り上がったあと、記念に千手観音をやって写真を撮ろうということになった。

千手観音とはひとりの女生徒の後ろに他の女生徒たちが重なって体は写真に映らない状態にして手だけ重ならないように横に出す。まさに千手観音像のような風貌で写真が撮れるというわけだ。

後日、写真を現像しに言ったとき、最初に写真をみたS美は写真を2つ折りにしてしまった。

千手観音像の左側の腕が7本あったのだ。6人しかいなかったはずなのに・・・。

怖い話をした後で何かを呼び寄せてしまったのか? 「千手観音像のポーズなんてふざけてやったから!誰が言い出したの?」という話になったが、誰も言い出しっぺがいなかった。犯人になるのが嫌だから隠していた可能性もあるが、それにしても言い出しっぺがいたら他のメンバーが覚えていないはずがない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です