トトロにまつわる怖い話

b0144804_1350979

トトロにまつわる怖い話をご紹介します。ジブリ作品に関する怖い話や都市伝説は【保存版】スタジオジブリの都市伝説まとめ でもご紹介しておりますので、他のジブリ作品に関する怖い噂などに興味がある際はこちらを見てください。

トトロって一体?となりのトトロにまつわる怖い話

となりのトトロはとある姉妹と森の精霊トトロを中心にストーリーが展開されていく。全体を通してハッピーな感じの構成になっているのだが、トトロに隠された描写の秘密やストーリーの不思議な点を見て行くとトトロって実は・・・???となるはずで物語に関する印象が変わってしまうかもしれない。もし、あなたがとなりのトトロを愛しているのなら、ここで読むのをストップした方がいいかもしれない。

メイと書かれたお地蔵さんが出てくる

物語中盤にさつきがメイを探しているシーン。ここに問題のお地蔵さんは登場する。

メイと背後にお地蔵さんが映るシーンがあるのだが、バックにいるお地蔵さんの中に「メイ」と書かれたお地蔵さんがいるのだそうだ。

トトロは死期が迫った人にしか見えない?

トトロが見えるのは物語序盤ではメイだけであるが、物語の中盤以降になるとさつきにも見えるようになる。しかし、他の人には見えていない。ここで仮説が一つ立つ。トトロは子供にしか見えないのではないか。トトロの主題歌も「子供の時だけ〜、あなたに訪れる〜」となっている。

しかし、カンタは子供だが、トトロは見えないようだ。するとトトロが見える人の条件は子供ではないと考えられる。ではトトロが見える条件とは何なのか。

それは”死期が迫った人間”である。

さつきが「妹のところに連れてって」と猫バスに依頼したときの妹のところとはこの世ではなかったのかもしれない。

さつきとメイは母親に会わなかった

さつきとメイは母親の入院している病院へいくがなぜか「おかあさんへ」と書いたとうもろこしだけを病室に残して、母親へ会わなかった。そして病院の窓が見える木の上から母親と父親の姿を見守っていた。なぜ、会わなかったのか?

会えなかったのである。さつきとメイは既に亡くなっているので直接会いに行く事ができなかったのである。

そして、母親は「さつきとメイが笑ったみたい」と彼女たちの存在に気づいているような発言をしていた。母親にも死期が迫っている事を意図する描写では無いかと噂されている。

となりのトトロの”となり”とは一体なにを意味するのか?

となりのトトロは1963年に日本で実際に起こった、「狭山事件」という話をモデルにしていると言われている。狭山事件では姉妹が誘拐、殺害されてしまった日本の凶悪事件である。

狭山事件の現場は埼玉県狭山市。トトロの舞台は狭山市に近い場所である。

つまり、となりのトトロの”となり”とはとなりの市で起きた事件をモデルにしている事を示唆している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です