ナースのOさん【怖い話】

これは看護師だった親戚のYが体験した、怖い話だ。

1

その日、Yさんは新しく勤務した病院ではじめての夜勤につくことになった。夜に暗い病棟の廊下を歩いていると深夜1時にも関わらず子供が4人くらい遊んでいた。

(ああ、見ちゃった・・・・)

実はYさんは霊感を持っていて、たびたびこの子供たちを目撃していた。この子たちが現れると翌日必ず誰かが死ぬんだという。その子供を少しみているとうしろから声をかけられた。

「明日は誰か亡くなるねえ」いつの間にかとなりにはナース服を着た女の人がいた。話してみるとその人も子どもたちが見えるという。自分以外にもおかしなモノが見える人がいてYさんは少し安心してその人と意気投合した。

2人はその晩、一緒に見回りへ行こうということになりエレベーターに乗った。女性はOさんという名前だった。3階へ行くためにボタンを押したが、エレベーターは3階に止まらず、いつの間にか降下を始めていた。そして、地下2階のボタンが点灯していた。地下2階には霊安室がある。

岡田さんは言った。「こうなったら誰が呼んでいるかを確認しに行こう」Yさんは霊が見えるが実は怖がり、「私は階段であがりますからOさんだけで行ってください!」

そう言って1階に上るためYさんが階段を登っていると「ぎゃあああああああああああ!」霊安室からびっくりするほど大きな叫び声が聞こえた。「これはヤバイやつだ!」Yさんは思った。そしてナースステーションに駆け込んで息を切らせながら、「Oさんが霊安室に入って・・・とにかくヤバイんです!Oさんが!」と説明にならない説明をした。

するとナースステーションにいたベテランと思われる看護師さんが言った「あなた・・・うちにOさんなんて、看護師いないわよ」

その後、看護師さんと霊安室を確認しに行ったが誰もおらず、結局Oさんなんて看護師は本当にその病院にはいなかったという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です