知らない同居人【怖い話】

16852267 624

Kさんはアパートで一人暮らしをしている。一人暮らしの生活の中で体験した怖い話を紹介しよう。

Kさんは深夜仕事から帰ってそそくさと就寝する準備をしたKさんの家は座敷なので、いつも布団を敷いて寝ている。

ウトウトしていると自分の足の裏にぴとっと別の人の足の裏の感覚がある。

え?っと思った瞬間、「さむっ!」と声がして掛け布団が足のほうに引っ張られた。

驚いたKさんが起き上がり電気をつけたがそこには誰もいなかったという。夢か現かわからない不思議な体験だったという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です