神社のモノクロの木【怖い話】

Img 0

ある人が取材をしたときの怖い話。

あるタレントが小学生の時に怖い体験をしたという。近所にある神社では度々首吊り自殺が発生していたそうなのだが、そのタレントが小学生時代にひとりで神社へいくと、木々から人の顔が現れたというのである。

さっそくその神社へ言ってみようということで、話がついた。神社へ行くと人の顔が出ている木などはない。まあ、ここまでは予想していたとおりだったそうだ。

「よし、神社に来ている人に聞いてみよう」。2人はビデオカメラを回しながら神社に来ている人から聞き取り取材をした。そのうち神社で遊んでいた子供が

「あそこの木で、みんな自殺するねん」。と話した。

その木を見てみると樹齢何百年かという大木である。そして木の肌はごつごつしている。その凹凸は暗がりでみたら人の顔にも見えるだろう。という結論に至ってその日の取材を終えた。

帰ってから、ひとりビデオカメラの映像を確認するとおかしな現象が収録されていた。神社の様子や子どもたちへのインタビューは問題なくカラー。しかし、例の木に焦点が合うといきなり白黒になる。

画面から木が外れるとカラー。そして木が一瞬でも映ると白黒になるのだ。

そのあとも何回かカメラを使ったが同じ現象は起きなかったという。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です