黄昏れ玄関【怖い話】

Images

Rさんという女性がまだ高校生のときに体験した怖い話。

その日Rさんはお母さんと買い物に行こうという話になっていた。午後3時。お母さんと玄関を出ようとしたが、お母さんは「忘れ物をした、先出てて」と行って家の中へ引き返していった。

Rさんは玄関から外へ出て、お母さんが出てくるのを待っていた。15分くらいの時間が経ったがお母さんは出てこずRさんは心配になって玄関を開けた。

そこにはお母さんがなぜか、ものすごい怖い顔で正座をしている。Rさんが言葉を発する前にお母さんは怒鳴った。

「2時間もどこ行ってたの!?急にいなくなるなんて!!」

え?と一瞬思ったが、玄関の時計を見ると午後5時を指している。外にいたのは15分くらいだったのに、2時間も経過していたのだ。

「お母さん、心配になって近所中あなたを見てないか聞いて回っちゃったじゃない!」

おかしい。Rさんはずっと家の前にいたのだからお母さんが家から出てきたら必ずすれ違うはず。何が何だかワケがわからないが昔を振り返るRさんは、あの時、玄関を開けた瞬間時空が歪んだんだと解釈している。と語った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です