彼女の墓【怖い話】

137010155226713222541 DSC04851

何十年も前にある中年の俳優さんが話した怖い話。

彼はあるとき京都の撮影所まで映画の撮影に行った。だが、到着したその日に機材や人員の問題で1日フリーになった。

彼は京都を観光しようと思い普段ではいけないような郊外の寺院などを回ったり、自然を堪能していた。

ある雑木林の中を歩いていると道に迷ったようだった。しばらく木々が生い茂る道を歩いていると、1つの墓がぽつんとあったそこに書かれた名前を見てハッとした。

そこには昔愛し合っていた女性の名前が刻まれていた。たまたまかも知れないが彼はなぜかその時彼女の墓だと直感した。彼女とは深い仲になり結婚を本気で考えたが両親に強く反対され結局成就することはなかったのだ。

彼女の墓に「また来るからね」と言ってしばらくいくと大通りに出て無事に撮影所まで帰ることができた。撮影が終わった日にもう一度同じ場所に行ったのだが、彼女の墓を見つけることは結局2度とできなかった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です